0848-63-5070

=広島県連第55回総会=

全ての議案を満場一致で採択方針の実践で前進目指す決意を固め合う

民商の上部団体である広島県商工団体連合会(広島県連)は6月9日、第55回総会を広島市内で開催し、役員・代議員76名が参加(出席率80%)し、三原民商からは古谷理事、三原詰理事が参加。総会では新しい方針を満場一致で採択し、新たな役員を選出しました。

〝平和でこそ商売繁盛〟
主催者あいさつで加賀茂会長は世界の戦争・紛争の状況に触れ、「この間、沖縄県へ激励行動に参加する機会があり、沖縄の軍事要塞化の状況を目の当たりにし、平和でこそ商売繁盛ということを強く感じた。前総会以降、皆さんと方針の実践に向けて奮闘してきました。新たな方針を確立して民商運動を前進させよう」と呼びかけました。日本共産党の大平よしのぶ前衆議院議員は連帯あいさつで「民商のみなさんの元気な運動にいつも励まされています。政治をご一緒に変えましょう」と参加者にエールを送りました。寺田事務局長が方針案の提案を行い、藤井会計が財政報告と新年度予算の提案を行いました。

県内民商の運動に学び合う
午後からは5つの分散会に分かれて総会方針案について議論。各民商の取り組みをはじめ、「広島民商が普段参加していない仲間の参加で交流会を成功させた経験を聞きたい」「新入会員歓迎会はどのように開いている?」など、各地の経験に学び合いました。

新会長に坂井哲史さん
分散会後は全体会に移り、5つの全体会からの報告が行われ、配達・集金の課題、インボイス登録業者の声、仲間同士が集まれば楽しく元気が出るなど、総会方針案が大いに深められたことが報告され、寺田事務局長は「民商運動が楽しい、元気が出るという思いが共有された。魅力ある民商づくり、どこの民商に相談に行っても同じように相談にのれる民商づくりに向けて方針を実践しましょう」とまとめ報告を行い、総会方針案、決算・予算案は満場一致で採択されました。役員選出では、加賀茂会長から坂井哲史会長へバトンタッチ。坂井会長は「皆さん、方針を実践するため、ともに奮闘しましょう」とあいさつしました。閉会あいさつで藤井副会長・会計は「民商が小さくなって喜ぶのは財界や大企業、悪政を推し進める勢力です。要求実現に向けてご一緒に奮闘しましょう」と呼びかけ、全員でガンバロウを三唱し、総会を締めくくりました。
三原民商からは西村常任理事、古谷理事が選出されました。 

━全商連第56回定期総会━

6年ぶりのリアル開催新しい方針を全会一致で採択

「大軍拡・改憲阻止!消費税減税、インボイス廃止!平和と商売守る民商・全商連運動の発展を」􄢣。民商の全国組織である全商連は5月25日・26日に東京で第56回総会を開催し、広島県連からは18名が参加。三原民商からは三原詰克彦さん(理事・北支部支部長)と寺田事務局長が参加しました。

コロナ禍を経て、全国の仲間が一堂に会して開催する総会は6年ぶりとなります。
全商連の太田会長は「平和でこそ商売をやっていける。地域に根を張った民商が必要です」と参加者に呼びかけました。全国的には会勢で後退して迎えた総会でしたが、会員現勢が100名を突破して全商連に沖縄・宮古民商の加盟が承認されました。
2日目は分散会討論で総会方針、全国の民商の経験を深め合いました。
三原詰さんは「三原民商の新しいパンフレットを紹介したところ、皆さんから『ください』とあっという間になくなった」との事でした。総会はこれから2年間の方針などを満場一致で採択し、新しい役員体制を選出。
加賀茂副会長(広島県連会長)が勇退し、「民商・全商連の運動が私の人生を豊かにしてくれた。支えてくれた妻にも感謝します。これからは地元で引き続き、商売、民商運動を頑張ります」とあいさつしました。

〝はじめての全商連総会〟三原詰克彦
平成6年に三原民商に入会して初めての全商連総会の参加でした。一言で申しますと「集まればなかなかの数になるものだ」ということ。自公政権による中小業者いじめの政策が何年も続いており、前回総会に比べると会員の減少となりましたが、総会の感動を力に三原民商のみなさんと頑張っていきたいと思います。

〝方針に確信深めて危機打開を〟寺田拓也さん
全商連総会に広島県内の仲間のみなさんと参加してきました。
参加される皆さんが気持ちよく参加してもらえるよう、切符の手配や夜の交流会、会場への移動などで奔走していました。6年ぶりに全国の仲間が集まっての総会ということで、全国の役員のみなさんや事務局員のみなさんと再開し、交流を深めました。
6年前と違い、商工新聞に加え、SNSで民商運動を発信している方とも再開し、時代の変化を感じます。私は広島県連の事務局長でもあり、広島県連第55回総会(6月9日)に向けて皆さんと総会方針案を練り上げる中、広島県連の総会方針が全商連総会方針を地域で実践する内容になっていることに確信を深めました。三原民商としては、総会に向けて新しい実績パンフレットを作り、拡大の力にしてきました。中小業者を取り巻く状況は厳しさを増していますが、私たちが民商運動を通じて情勢の変化を作り出していることに確信を深めてこれからも皆さんと頑張っていきたいと思います。

自主計算活動に磨きをかけて

〝みんなの頑張りが自分の励みに〟━古谷雄二さん・有限会社古谷組━

三原民商では、法人でも個人でも仲間同士で教え合いながら自主計算活動を進めています。昨年10月からのインボイス実施により、本則課税を選択している事業者へは取引相手がインボイス登録事業者かどうかを調べ、登録業者でない場合は仕入税額控除が異なるという手間が加わりました。自主計算活動に磨きをかけ、インボイス制度廃止、消費税5%への引き下げを実現させましょう。

弥生会計でのパソコン記帳に挑戦
理事の古谷雄二さん(建設業)は5月末に提出する法人の決算のため、民商事務所に通いパソコン記帳を行ってきました。古谷さんは本則課税を選択しており、昨年10月からのインボイス制度に対応するため、これまで使ってきた子記帳くんから弥生会計でのパソコン記帳に切り替えました。これまで使い慣れたソフトから新しいソフトに切り替える中で戸惑いもありましたが、「だんだんと使ううちに文字入力もしやすくなり、自分には弥生会計の方が合っているかもしれない」と話します。5月はパソコン記帳で仲間からの相談も多く、事務所に相談に来る仲間の様子を見ながら「みんな頑張っているんだなぁ。自分も頑張らなければ」と笑顔で話します。5月23日に開催した理事会で古谷さんは自身のパソコン記帳の経験を紹介しました。

近況も交流し楽しく・元気のでる婦人部会に

クッキング婦人部会でグラノーラづくり〝美味しすぎて息子に食べるのストップ(笑)〟

三原民商婦人部は楽しく元気の出る婦人部活動を進めています。5月16日にはクッキング婦人部会を開催し、須波コミュニティーセンターでグラノーラ作りをして、交流を深め合いました。

婦人部ではこれまで2回パン教室をしてきました。今回は3月の婦人部会で島谷副部長が差し入れしてくれた手づくりのグラノーラが参加者に大好評で、「作ってみたい」との声が上がり、島谷副部長から「簡単に作れるのよ」との事から久しぶりのクッキング婦人部会を計画しました。集まった参加者は島谷副部長が用意してくれた材料を量り、ナッツとクルミを刻んで材料と混ぜ合わせ、テンバンに広げてオーブンへ。「こんな感じでいいのかな?」「オートミールって何?」とクッキング婦人部会は笑顔も話題も絶えません。焼いている間はティータイムで近況を交流。今回の婦人部会は岸事務局員の送別会も兼ねており、婦人部から岸さんへお花がプレゼントされました。近況交流では、この、交通事故に遭ったり、体調を崩していた仲間もいましたが、1ヶ月ぶりの交流で楽しく元気のでる婦人部会となりました。参加者からは「グラノーラを持ち帰ると子供たちが『おいしい、おいしい』と半分以上食べてしまい、今、ストップをかけたところです(笑)」、「家族からも大好評。美味しい作り方を教えてもらって良かった」と感想が寄せられました。

全商連総会を成功させ、中小業者の危機打開!要求実現を!

新しい実績パンフを手に会員訪問消費税5%減税!インボイス制度廃止!物価高騰から商売と生活を守ろう!
民商の全国組織である全国商工団体連合会(全商連)は2年に1度開催する全国総会を
5月25日・26日に東京で開催します。
今、全国で「仲間を増やして総会を成功させよう!」と民商の魅力を広げ、拡大での前進を目指す取り組みが進んでいます。三原民商では新しく作った実績パンフレットを手に仲間のみなさんへ拡大への呼びかけを強めています。

北支部は5月2日に会員訪問を行い三原支部長を先頭に4人が2組に分かれて11件の会員を訪問しました。
広島県連が作った箱ティッシュと新しい三原民商実績パンフレットをセットして出発。
訪問した先々で「困っていない業者はいない。ぜひ気軽に実績パンフと箱ティッシュを渡して民商を紹介してもらいたい」と呼びかけました。
浜本さん(タイヤ修理・販売)は「分かりました。知り合いに広げます」と笑顔で応えてくれました。
訪問して留守の仲間には箱ティッシュとパンフレットのセットに置手紙を添えました。
後日、民商事務所を訪れた会員は「来てくれたんですね。渡せる人がいれば渡します」と応えてくれました。

一回だけの減税より消費税の減税を!

定額減税学びながら対応しよう!

岸田政権の経済対策として6月から実施される定額減税。1人当たり4万円(所得税3万円・住民税1万円)を6月1日以降に支払う給与・賞与から給与支払者が源泉徴収税額に充当する形で行われますが、各社世論調査でも「期待しない」「評価せず」が6割を超えています。昨年10月からのインボイス制度により、中小業者に煩雑な会計処理を求めていることに続き、定額減税の実施に中小業者を使う姿勢は許せません。政府が出している定額減税についてのQ&Aは35ページもあるほど複雑です。ボイス制度の廃止をご一緒に求めましょう。定額減税についてQ&Aで解説します。三原民商では定額減税の学習会を開催し、仲間のみなさんと教え合いながら対応します。

Q 定額減税はどのように行うのですか?
A 令和6年6月以後に支払う給与・賞与に係る源泉所得税に充当(控除)します。

Q 16歳未満の扶養も人数に入れていいの?
A はい。今回の定額減税の金額は同一生計の配偶者・扶養親族ですので、対象人数に加えます。

Q 途中でやめた人には減税した分を返してもらうの?
A 返してもらう必要はありません。そのままの金額で退職日までの源泉徴収票を作成して渡しましょう。

Q 途中で扶養の人数が変わったら?
A 出産、結婚、離婚など扶養人数に移動があった場合は年末調整で調整します。

定額減税学習会
とき:5月7日(火)14:00~
   5月10日(金)14:00~
 会場:三原民商事務所
 ※従業員の方の控除対象配偶者・扶養の氏名と 生年月日を調べてご参加ください。

一泊学習会で多彩な学習と交流━広島県婦協━

広島県婦協は4月13日から14日にかけて尾道ふれあいの里で一泊学習会を開催し、7民商から30名が参加しました。1日目の婦人部活動の手引きの学習では、3人のパネリストが事前にパンフレットを読んで感じたことを発表し、参加者と深め合う形式で進行。中島副会長(広島北民商)は夫さんと事業を始めたきっかけや民商に入ってからの経験を紹介し、婦人部活動の手引きについて思ったことを紹介。
隅田幹事(広島西部民商)と本田さん(広島民商)もそれぞれに感じたことを紹介し、所得税法56条廃止の運動や記帳カフェなど、婦人部で取り組んでいる内容についても深め合いました。
全婦協総会方針は島会長が担当。島会長自身が総会方針を読んでの感想を紹介し、参加者と読み合わせもしながら各婦人部の活動も紹介し合い、交流を深めながらながら進めました。
民商・全商連の基本方向は広島県連の坂井副会長が担当。坂井副会長は「これまで基本方向は何度も読んできましたが、講師をするのは初めての経験です」と話し、各章ごとに読み込んだ内容を紹介しました。
2日目は初級レベルの記帳講座を遠地事務局員(広島民商)、SNS活用講座を寺田事務局長が担当。SNSの種類や三原民商で学習会を開いた経験を紹介し、「商売人にとって厳しい状況はありますが、SNSも活用し、仲間のみなさんの商売を応援する一助になればと思います。各民商で学習したいときは読んでください」と参加者に呼びかけました。
最後の企画は「健康講座・歌って鳴らして体を動かそう」。府中市の音楽療法士さんがてんとう虫のサンバ、サザエさんのテーマなど、楽しい音楽に合わせて体を動かし、世界各国の珍しい楽器も使って参加者全員で演奏すなど、子供から大人まで、楽しく体を動かしました。

子どもさんが一緒でも参加できる民商運動
私は県連事務局長と合わせて、県婦協も担当しており、今回、県婦協役員のみなさんと企画・運営を初めてしました。今回の一泊学習会で私は子供さんの保育が担当でしたが、子供さんのパワーに圧倒されていました。子供さんが一緒でも参加でき、楽しく学び仲間と交流できる、そんな民商運動を広げていくためのヒントをもらった交流会でした。

三原市中小事業者支援給付金、2375事業所に

三原民商が昨年11月に三原市経済部と懇談し、物価高騰で苦しむ小規模事業者の実情を伝え、支援制度の創設を求めて実現した三原市中小事業者支援給付金が2375事業所に支給されたことが分かりました。
内訳は法人が949事業所、個人事業主が1426事業所です。
支援制度は三次市が売上減少を要件としない支援制度を創設したことと営業動向調査で小規模事業所の実態を示したことが力になりました。
三原民商では引き続き仲間のみなさんの経営を応援するとともに、三原市経済部と懇談し、必要な支援制度を求めて運動をすすめます。

塔の峰一千本桜・共済会お花見レクレーション

みんなで準備し。楽しく交流

三原民商共済会は春のレクレーション企画として「お花見レク」を役員・会員・事務局員で協力して企画し、準備を進めてきました。3月31日、天候にも恵まれ、鷺浦町向田にある観光スポット「塔の峰一千本桜」を19名の参加で訪れ、ウォーキングで汗をかき、仲間同士で商売や健康について交流しました。
青空の下、会員・家族参加も含め19名が参加。鷺島出身の岡本さん(大工)が瀬戸内海を眺めながらの鷺島の観光ガイドをしてくれました。参加者は10時に須波港に集合し、フェリーで約18分の船旅。鷺島の桜は満開には早かったものの、菜の花や咲き始め桜を見ながら、約20分のウォーキングで汗をかきました。
昼食は商工新聞読者のすなみ売店で幕の内弁当を用意。上射場さん(釣り堀)は金平糖袋やサーターアンダギーを参加者全員に差し入れ。岡本さんは子供たちが喜べるようにと赤いアフロやシャボン玉を準備。子どもたちは縄跳びで遊んだり、砂浜で遊んだりと元気いっぱいでした。
参加者は健康や商売のことなど、仲間同士で交流を深め合い、楽しい時間を過ごしました。多くの仲間が参加し、みんなで協力したお花見レクになりました。
寺岡さん(理容)は「天気がよく、桜は咲き初めでしたが、岡本さんや上射場さんが参加者を迎える工夫もしてくれて、みんなで楽しく交流で来ました」と話してくれました。

経営企画・SNS活用講座を開催

インスタをリニューアル☆
三原民商は仲間の経営要求に応える企画として3月25日にSNS活用講座を開催し、髙砂さん(飲食)と島谷さん(建設)が参加しました。「インスタグラムは娘が開設してくれた」と話す髙砂さん。寺田事務局長と島谷さんと3人で「お店のインスタのアイコン写真はイラストにした方がいいんじゃない」「写真を動画編集ソフトに入れるとこんな動画も作れるよ」とワイワイ言いながら髙砂さんのインスタをリニューアル。「今年、4周年だったから、その時の写真をアップしよう」と久しぶりに更新しました。新入会員歓迎会用のオードブルも髙砂さんにお願いできました。SNS活用講座は何人かから「次回は参加したい」との声がありました。島谷さんは「娘が詳しいので、次回は一緒に参加できたら」と話してくれました。