0848-63-5070

参議院広島選挙区再選挙 野党共同候補の宮口はるこ氏が勝利

~悪政の転換に向け、総選挙で政権交代を~

河井案里氏の当選無効に伴う参議院広島選挙区再選挙が4月25日投票で行われ、諸派の宮口はるこ氏が初当選しました。広島県の参議院選挙では初めての野党共闘となる中、民商・県連では、宮口はるこ氏を応援することを決め、この間、仲間のみなさんに支持を呼びかけてきました。選挙の結果を受け、感想を兼森会計と寺田事務局長に聞きました。

・寺田事務局長
今回の参議院広島選挙区再選挙は、広島県全体を1つの選挙区としてたたかう初めての野党共闘の選挙となりました。広島県内の野党共闘は、前回の衆議院選挙で広島3区などが市民と野党の共同候補として選挙戦を戦った経験はありますが、三原市では初めての経験となり、仲間のみなさんと宮口はるこさんを当選させることができ嬉しく思います。
菅政権になって初めての国政選挙となり、長野県(参議院)、北海道(2区)と合わせ、広島を含めて3つの選挙全てで勝利できたことは菅政権への明確なノーの審判となりました。
新型コロナウイルス感染症による影響が1年を超え、中小業者は必至の経営努力を続けるも先行きの見えない不安が広げる中、菅自公政権は中小業者支援を打ち切り、国民監視のデジタル化、消費税を財源に社会保障の切り捨て、国民の暮らしよりオリンピック最優先など、政権を担う能力も資格もありません。
今年の10月までには必ず解散・総選挙が行われます。今回、広島での初めての野党共闘の勝利を要求実現の運動と結び、来るべき総選挙で市民と野党の共闘をさらに前進させ、野党連合政権の誕生で中小業者に暖かい政治への転換を目指しましょう。

・兼森会計
河井元法相夫妻が行った買収事件で原資となった1億5千万円は私たちの税金です。新型コロナの影響で私たち中小業者が大変な中、こんな税金の使われ方は許せません。
自民党はその解明や反省もなく、「広島なら勝てる」と見て候補を立てました。県民をあまりにも馬鹿にしていると思います。今回の宮口はるこさんの勝利を総選挙勝利につなげ、政権交代を実現し、まっとうな世の中にしましょう。

月に一度の楽しい集まり -婦人部-

楽しい交流、仲間の開業相談、美味しいパンまで☆

三原民商婦人部は22日に婦人部会を開催し6名が参加しました。
7月にエステサロンを開業予定の宮地かおりさんは「作成中の創業計画書を見てもらいたい」と参加者に呼びかけ、参加者は「三原にエステサロンは30件もあるんだね。小さくやっているお店はもっとあるかも」「宮地さんのエステはどんな施術なの?」「開店したら行くよ」など、意見・アドバイスがたくさんもらえ、参加者も開業を目指す宮地さんを応援します。

ファン急増!島谷さんのパン
島谷副部長は今回も手づくりのパンをもって参加し、参加者から大好評。「島谷さんのパンが一番おいしい」「前回、持って帰ったら子どもが大喜びだった」など、ファンが広がっています。仲間同士集まれば話の尽きない婦人部では、三原市が発行している街歩きMAPを見て、「民商婦人部でもMAPを作りたい」との要望が出され、5月6日に制作会を開催することになりました。寺田事務局長は4月25日投票の参議院広島選挙区再選挙の意義について呼びかけ、宮口はるこさんへの支持を呼びかけました。

新型コロナ対策学習会 一時支援金、国保コロナ減免、etc

ー危機打開を目指す学習&申請スタートー

三原民商は4月8日に新型コロナ対策学習会を民商事務所で開催し、会員1名と寺田元子市議が参加。商工新聞で特集され、仲間からも問い合わせが多い「一時支援金」を中心に制度を学び、申請に向けて話し合いました。三原民商では昨年からの経験を生かし、今後、学習会を重ねていく計画です。

一緒に申請を
学習会に参加した寺岡さん(理容業)は「以前から自分も活用できないかと思っていて、学習会の知らせを聞いて参加した」と話します。パワーポイントと商工新聞を使って制度の解説をした寺田事務局長は「商工新聞にも全ての業種が対象になり得るとあります。寺岡さんは昨年、三原民商で持続化給付金申請者第1号でした。今回も一緒に申請してみましょう」と呼びかけました。

三原市へ申請支援を
事業者から相談も多く寄せられる日本共産党の寺田元子市議は「この間、活用を広げてきた広島県の制度や三原市の制度で対象とならなかった業種の方にも活用を呼びかけられる中身。申請者によっては登録確認機関が困難という事も分かりました。三原市として支援ができないかどうか担当課とも相談したい」と話します。

今年も国保の集団減免申請を
寺田事務局長は、国保のコロナ減免制度が今年も継続されることを紹介し、「昨年と違うのはコロナの影響を受けている令和2年度の売上に対し、令和3年度が30%以上減少する見込みがあるかどうか。全額が国費でないことも問題。三原市への要望行動と合わせ、今年も集団減免申請を行いましょう」と呼びかけました。

民商で教えてもらってよかった☆ 国保のコロナ減免を申請

ー 新地千鶴美さん、スティンソ千幸さん ー

新地さんとスティンソンさんは3月30日に国保コロナ減免申請を尾道市役所に提出しました。三原市を除く近隣の市町村では国保のコロナ減免申請の期限を3月31日までとしており、申告相談を通じて制度を知った2人は無事に申請を済ませることができました。

新地さんは持続化給付金や広島県の助成金制度は活用してきましたが、国保のコロナ減免は知りませんでした。申告相談に訪れた際、民商から「売上は3割減っていませんか?減っていたら国保のコロナ減免が申請できますよ」とアドバイスをもらった新地さん。対象となっていたので民商で申請書を準備。「減免申請が通ればすでに納付済みの国保税は還付されますよ」と教えてもらい、「国保税の負担は大変で、本当に助かります」と話します。
スティンソンさんも申告相談を通じて減免申請を知りました。例年なら3月15日までに申告を済ませるものの、今年は娘さんの行事があり、期限も延長されていることから3月末の申告となりました。2年間の売上を比較したところ、申請基準を満たしていたので申請書類を準備。3月30日に申告書の提出と国保の減免申請を出すことにしました。
3月30日に申告を済ませたスティンソンさんは尾道市役所で新地さん、寺田事務局長と合流し、国保のコロナ減免申請書を提出しました。申請を終えたスティンソンさんは「民商で国保のコロナ減免を教えてもらえてよかった。提出は一人では不安でしたが、一緒に申請ができて心強かった」と笑顔で話します。

魅力が高まり参加者もアップ ー 婦人部会 ー

三原民商婦人部は3月25日に婦人部会を開催し、家族参加も含めて8名が参加。子育て真っ最中の仲間の参加もあり、子育てや商売の交流など、話題の尽きない婦人部会となりました。

3月に婦人部に入った染山さんは娘さんと一緒に参加。「商売を頑張ってきて、以前に比べて時間的な余裕もでき、みなさんとも交流したいので参加した」と話します。
島谷副部長の手作りパンは参加者の楽しみの一つとなっており、今回もおいしいパンの差し入れに参加者も大満足。「作り方を教えてほしい」「レパートリーは何種類あるんですか?」など、話は尽きません。

寺田議員との出会い
三原の市会議員選挙も目前に迫る中、兼森会計は「元子さんと出会ったのは、住民運動に取り組んでいる女性議員の存在を知り、私もいろんな運動に関わるようになって関係が深まった。4年間の実績もすごいのよ」とエピソードを紹介しました。

次回の参加が楽しみ
婦人部では、仲間のみなさんから「学びたい」「深めたい」というテーマを募っており、2月の婦人部会では青色申告のメリット・デメリットについて学びました。今回の部会では、次回の開催日を4月22日とし、仲間から学びたいテーマも募集し、開催を広げることとしました。宮地さんは「参加が広がり、仲間のみなさんと交流ができ、次回の参加も楽しみです」と話します。

楽しい青年部活動の再開を ー 業者青年交流会 ー

三原民商は青年部活動の再開を目指して25日に業者青年交流会を「お好み焼なお」で開催し5名が参加。広島県青協の西濱崇会長も参加してくれました。
三原民商の西村会長は「若い仲間のみなさんと交流するのは会長になってから初めての経験。青年部の活動再開につなげてもらいたい」と訴えました。
岸さんと溝口さんは知り合いで、商売の交流や少年野球のコーチをしている事など、話題は尽きません。

青年部の魅力
西濱会長は「青年部の活動は、仲間のみなさんからの要望や思いに応え、事務局員も一緒に取り組んでいます」と青年部の魅力を紹介し、「県青協では、仲間からの声に応え、これまで事業計画書作りや消費税・インボイス制度廃止に向けた学習会を開催してきた。三原民商の青年部でも学びたい、交流したい事など出し合い、商売も青年部も盛り上げていこう」と呼びかけました。
参加者同士の話し合いにより、4月14日に青年部会を開催する事を決めました。

3・13重税反対全国統一鼓動 三原集会

三原民商も参加する3・13重税反対全国統一行動三原集会実行委員会(以下「実行委員会」)は3月15日に52回目を迎える3・13重税反対全国統一行動三原集会をリージョンブラザ野外ステージで開催し、参加団体から約100名が参加。新型コロナウイルス感染症対策として例年より短時間の集会となりましたが昨年を大きく上回る参加となり、集会アピールを満場の拍手で採択し、税務署で集団申告を行いました。

・消費税引き下げへ
司会進行は中西一夫さん(尾三地域労連・年金者組合)が務め、東日本大震災の犠牲者に黙とうを捧げました。主催者あいさつで三原民商の西村善郎会長は「コロナ危機を通じて中小業者への直接支援を戦後初めて勝ち取りました。みなさんと署名に取り組み、国保引下げの成果を勝ち取りました。運動すれば政治を変えることができます。大事な選挙が続く今年、ご一緒に政治革新を進めましょう」と参加者に呼び掛けました。
・これからも連携を強めて
連帯あいさつでは、日本共産党の寺田元子市議が議会での論戦やコロナ禍による市民の状況、国保税引き下げの成果について紹介し、「みなさん、これからも連帯し、運動を広げていきましょう」と参加者に呼びかけ、兼森裕子さんから集会に寄せられたメッセージが紹介されました。

・アピールを採択
実行委員会の寺田事務局長(三原民商)が集会アピールを提案し、参加者の満場一致の拍手で採択されました。最後に藤井康子さん(建交労)が閉会挨拶を行い、ガンバロウ集合写真を撮って集会を締めくくり、税務署へ異動しました。

娘さんを抱いて参加した宮地かおりさん。確定申告書と一緒に青色申告申請書も出し、来年からは青色申告に挑戦します。
miyaji

青色申告で55万円控除の適用を受けた高砂尚江さん。初めてのパソコン記帳で無事に申告書も完成させました。
takasago

独立開業して2年目の安藤翔太さん。今年は1年分の事業所得の申告でしたが、「領収書を整理して事務所に通ったのでパソコン記帳もスムーズでした」と話します。
andou

宮地 孝さん(ラーメン屋)は孫の藤原省吾さんと一緒に参加。藤原さんは昨年からお店を継ぐべく修行中。民商の学習会などにも参加し、今回は3・13集会と集団申告に初めての参加です。
fuji-miya

 

民商で納得いく申告ができた

~ 岡本祐圭さん・フィットネスインストラクター ~

昨年、役員の宮元英高さんの紹介で民商に入会した岡本祐佳さん。
初めての青色申告55万円控除に挑戦し、「丁寧に教えてもらい、納得のいく申告ができた」と笑顔で話します。03年に開業した岡本さんのレッスンは口コミで話題となり、100名、200名と壁はあったものの、330名まで会員を増やしてきましたが、昨年のコロナで大きく影響を受けました。

・パソコン記帳に初挑戦
昨年までは税務署に行って申告をしていた岡本さん。令和1年度の申告から消費税の課税業者となり、消費税の負担に驚きました。
民商に入会した岡本さんは記帳交流会にも参加し、青色申告に挑戦する準備を始めました。
「初めてのパソコン記帳は不安でいっぱいでしたが、すごく丁寧に教えてもらえ、すごく楽でした」と振り返ります。
申告書を完成させた岡本さんは「昨年までは申告で悩み、税金の負担に悩んでいました。
今年は青色申告に挑戦し、節税にもつながり、何より納得して申告を済ませることができました」と笑顔で話します。

仲間がいたから私もできた!自主計算・自主申告でコロナ危機打開!

仲間同士がいるから頑張れる、気軽に何でも聞けるから私も出来た・・・3・13重税反対全国統一行動と集団申告に向けて自主計算活動に取り組んできた仲間から喜びの声が広がっています。

=宮地かおりさん 宮心工業・鳶=
夫の潤也さんに変わって今年から自主計算活に挑戦した宮地かおりさんは3月11日に収支計算を終え、申告書を完成させました。
生後間もない娘さんを抱いてのパソコン記帳は苦労もありましたが、無事に終えることができ一安心。3・13集会と集団申告にも参加します。
<来年からは青色申告に>
初めての自主計算活動を終えた宮地さんは「来年からは青色申告に挑戦します。娘も一緒に来れる民商はいいですね。私自身も開業の夢があり、これからも皆さんに色々と教えてもらいながら頑張ります」と笑顔で話します。

miha4
=酒井研吾さん=
民商会員の新田規さんに確定申告の相談をしたところ民商を紹介された酒井さん。
3月6日に新田さんと一緒に民商を訪れ入会しました。
「パソコンに入力しやすいように領収書を整理して民商に寄ったらいいよ」と新田さんからアドバイスをもらい、酒井さんは8日から現場終わりに民商に通い領収書をパソコンに入力。無事に収支の計算を終え、申告書を完成させました。
初めてのパソコン記帳を終えた酒井さんは「これなら毎年できそうです」と笑顔で話します。

miha5
僕もパソコン記帳で申告書を完成させました。
民商から拡大の呼びかけがあった次の日に酒井さんから相談を受けました。
新しい仲間が増えて良かったです。
by 新田規さん

miha6

3月末までに会員現勢150名へ

三原民商は今年に入って会員3名を拡大し、会員現勢は141名で2月を終えました。
長年、目標に掲げてきた会員現勢150名の達成まで9名となりました。
3月2日に開催した理事会では「3月中に会員現勢150名を達成しよう」と論議。
広島県連の加賀茂会長(全商連副会長)も激励に駆けつけてくれました。

miha2

西村会長は「会員現勢が141名まで前進し、長年目標に掲げてきた150名まで9名と迫りました。
仲間のみなさんに協力を呼びかけ、今月中に会員現勢150名へ」と呼びかけます。加賀会長は「民商・全商連運動が70周年を迎える中、コロナ危機で中小業者への直接支援を実現させてきた。中小業者の危機打開に向け、拡大で要求実現を目指そう」参加者を激励しました。
寺田事務局長はコロナ危機打開を目指す支援制度の活用や要求実現の実績を紹介し、「仲間のみなさんに積極的に協力を呼びかけましょう」と起し、理事会では「よし、ガンバロウ」と決意を固め合いました。

■拡大をいつも意識しています 宮地孝さん=味八=
宮地さん(飲食)は新型コロナ支援策の活用を通じて民商の魅力に確信を深めています。
店内には民商の実績パンフレットやポスターを張って民商を紹介しています。
「お客さんで注目している人がいたら声をかけてみようと思っている」と話しています。

miha3