0848-63-5070

学習を力に制度の活用☆

仲間同士、教え合いながらの申請で発見も 月次支援金・国保コロナ減免 etc

三原民商では毎週火曜日と木曜日に新型コロナ支援制度活用の学習会を欠かさず開催しています。支援制度は業種・業態により活用できる制度が複雑になる中、学習を力に仲間同士で教え合い、制度の活用が広がっています。

教え合いながら月次支援金を申請
学習会に参加してきた島谷さん、檜垣さん、清瀬さんは7月16日に月次支援金の申請に挑戦。
事前に書類を準備し、商工会議所で事前確認を終えて民商に集まりました。
島谷綾香さんと岸さんがパソコンにデーターを入力し、テレビの画面で申請内容を確認しながら申請を進めます。
入力項目が多く、表示される注意事項なども複雑で、「これはどういう意味かな?」「これは該当しないから大丈夫」など、みんなで悩みながらも無事に1ヶ月分の申請が完了。
申請を終えた3人から、「複数の月が対象となる場合、一度に複数月を申請できるのかな?」との疑問が出され、「どうでしょう。やってみましょう」と試してみると、出来ました。
3人はそれぞれ2ヶ月以上対象となる月あり、入力を初めて3時間以上かかりましたが、全員、無事に申請を終えることができました。

制度活用のチェックシートを作成
新型コロナ支援制度が複雑になる中、7月22日に開いた学習会では、「自分はどの制度を申請中で、これから活用できる制度はどれでしょう」という参加者からの疑問の声に応え、支援制度活用のチェックシートを作成。
パソコン画面で制度の種類や対象となる制度について整理し、出来たチェックシートに参加者同士で教え合いながら記入。「今、国の月次支援金を申請しているから、私は県の月次支援金ですね」「こうしてチェックシートで整理してみると分かりやすくていい」と仲間同士で作ったチェックシートは今後、制度の活用を進めていくうえで役立ちそうです。
学習会の参加者は、国保のコロナ減免申請の書類を準備し、26日に行う集団減免申請にも参加します。

一時支援金の決定が広がる ”私が出たから大丈夫”仲間の不安に応えながら

国の一時支援金を申請した仲間のみなさんへ待ちに待った支給が実行されています。
三原民商では学習会で制度を学び合い、教え合いながら申請を広げ、会員20名が一時支援金を申請。7月9日現在、16名の仲間が実行・振込手続中となっています。

国の一時支援金制度は、2回目の緊急事態宣言が出されたことによる影響を受けた事業者への支援制度。
2回目の緊急事態宣言の発令地域に広島県は入っていなかったため、対象とならないとみられていましたが、商工新聞で全国の突破事例も生かし、飲食業の仲間のみなさんを中心に制度の活用が広がりました。

学びつつ実践
4月14日に行った新型コロナ対策学習会に参加した上射場理事は翌日、商工会議所に事前確認に行きましたが、「緊急事態宣言の地域ではないので対象とならない」と事前確認を断られました。
その後、商工新聞を持って寺田事務局長と再度訪問し、統計資料も示して事前確認を終えました。
上射場理事の事例以降、民商の仲間は独自の申請用封筒に必要書類を入れて事前確認に行くため、「民商で勉強されているんですね」と事前確認もスムーズに済みました。
事前確認後の申請手続きでは、入力項目をチェックし、教え合いながら申請手続きを行いました。

時間がかかりすぎ
一時支援金の審査に係る時間はまちまちで、2週間程度で実行された仲間もいれば、申請して1ヶ月以上連絡がなく、連絡が来たかと思えばエラーメッセージなど、実行までには時間がかかる仲間も多くいて不安の声も広がりました。民商では、毎週火曜日と木曜日に開催している学習会で「同じ飲食業で、私は出たんだから、あなたも大丈夫よ」と仲間同士で励まし合いながらエラーメッセージへの対応も行い、16名の仲間が実行・振込手続中となっています。

振込手続中に一安心
毎週の学習会に参加している黒瀬さんは「制度をみんなと勉強し、申請しました。
エラーメッセージが送られ、必要書類を用意して修正をしたけど時間ばかりが経ち、ダメなのかなぁと不安になりました。民商にも何度も問い合わせ、『マイページが振込手続中になったので大丈夫』との連絡をもらい、安心しました」と笑顔で話します。

次は月次支援金
一時支援金が実行された方は4月以降の売上減少に係る「月次支援金」の申請が事前確認なしで行えます。三原民商では一時支援金申請中の仲間を励ましながら月次支援金の申請を進めています。

広島県感染防止協力支援金の申請完了

三原民商が毎週火曜日と木曜日に開催している新型コロナ対策学習会が各種制度の申請の力になっています。広島県感染防止協力支援金、月次支援金、広島県の月次支援金など、制度が少しずつ変わり、活用できる制度も業種・業態により様々な中、参加者は毎週の学習会を力に制度の活用を進めています。

6月29日と7月1日の学習会には15名が参加。前回までの学習会で飲食業の仲間は広島県の感染防止協力支援金の第1次分の申請を終えており、今回の学習会で第2自分を教え合いながら申請書類を準備しました。

全員、無事に申請完了
写真や身分証明書、確定申告書など、学習会に参加してきた仲間は第1次分と第2次分で共通する添付資料についてはコピーを取っていたため、申請はスムーズに進みました。申請書類の記入では、「ここはこのように書くのよ」「6月の売上はないから、前回提出した5月分の売上台帳をつければいいのよ」とお互いに教え合いながら参加者は全員、第2自分の申請書を終えました。

情報交換の場にも
学習会では、三原市の飲食店臨時支援金(20万円)について、「三原市から7月9日を目途に振り込むと通知が来た」と参加者が話し、「そうなんだ。国の制度と違って、いつ入金されるか知らせてくれるのはうれしい」と参加者同士で情報を共有できるのも学習会のいいところ。参加者は月次支援金についても学び合い、次週から制度の活用も広がりそうです。

飲食業の仲間が元気に商売再開

~お客さんの笑顔が元気の原動力~

1ヶ月以上にわたる緊急事態宣言が明け、飲食業の仲間は元気に商売を再開。
お店を訪ねると仲間のみなさんの笑顔があふれ、「営業が再開できてうれしい」「常連さんが来てくれた」という喜びの声が上がりました。

感染予防もしっかり
22日に寺田事務局長が宮原冨子さん(居酒屋かっちゃん)を訪ねると常連のお客さんで盛況。
常連さんにとっても待ち待った営業の再開です。「長い休みで不安だったけど、みなさん来てくれてうれしい。
感染防止にも取り組みながら商売を頑張りたい」と宮原さんは話します。

学習会で近況交流
石岡捷三さん・友枝さん(らーめんランド)も21日から元気に商売を再開。
「初日はみなさん来てくれて、体がついていくのが大変だった」と話すものの、元気にお店を再開できたことに笑顔が溢れます。一方で「今は再開したから来てくれる人も多いが、今後はどうなるかという不安もある」と話す石岡さん。「民商の学習会で仲間のみなさんに合って、近況も交流しながら頑張れることがうれしい」と石岡さんは笑顔で話します。

〝予定通り開業できそうです☆″

民商の仲間と作った創業計画が力に 
    宮地かおりさん・コルギサロンcocoro

7月にエステサロンの開業に向けて準備を進めてきた宮地かおりさんが6月14日に入会。
「出店場所が当初から変更となり、一時はどうなるかと思いましが、いい物件が見つかり、事業計画にも大きな影響はなさそうで、予定通り開業できそうです」と笑顔で報告してくれた宮地さん。
融資については「民商と一緒につくった事業計画書がとても良くて来ていると日本政策金融公庫の担当者も絶賛してくれて、当初より大幅に早い決定で希望額通りの実行となりました」と話してくれました。

新しい制度・情報をいち早く発信

新型コロナウイルス感染症が中小業者に先行きの見えない不安を広げる中、三原民商では毎週火曜日と木曜日に新型コロナ対策学習会を開催し、制度の学習と申請を進めています。新しい制度もいち早く学習し、活用を広げています。

6月8日の学習会には会員7名と日本共産党の寺田元子市議が参加。寺田事務局長がパワーポイントで前回の学習会以降の変更点を中心に活用できる制度を解説。寺田市議からは「今日から議会が始まりました。飲食業のみなさんをはじめ、コロナ禍で影響を受けている全ての事業者へ行き届く支援制度を求めていきます」と参加者に呼びかけました。
広島県感染防止協力支援金の申請に向けて準備を進めている参加者から「写真を撮るのが大変で」という意見が共通して出され、9日に寺田事務局長が参加者の店舗の写真を撮りに行くことを確認しました。
10日の学習会は9名が参加。寺田事務局長が新しくなった「差し棒」とパワーポイントで制度を解説。「4月以降、コロナの影響を受けている事業者への月次支援金では、広島県が独自の上乗せに加え、売上が30%から50%落ち込んでいる事業者への制度を検討しており、明日の県議会で見込みです」と紹介しました。

その後、参加者は教え合いながら広島県感染防止協力支援金の申請手続きに。申請をする中で、お酒の提供が分かる資料が漏れていたり、宣言店の掲示が見えにくかったりと資料が膨大で申請手続きが大変な制度ですが、仲間同士で教え合いながら進めることで申請準備が進んでいます。

新型コロナ対策学習会を継続中/申請で悩んでいる知り合いには民商を!

~仲間の力が申請と商売を続ける力に~
新型コロナウイルス感染症が中小業者に先行きの見えない不安を広げる中、三原民商では毎週火曜日と木曜日に新型コロナ対策学習会を開催し、制度の学習と申請を進めています。

学習力を力に申請準備
午後から三原民商は新型コロナ対策学習会を開催し10名が参加。日本共産党の寺田元子市議も参加しました。寺田事務局が広島県感染防止協力支援金について、緊急事態宣言が延長されたことによる改正点と6月2日から申請が始まる1次分(5月16日~6月1日分)について必要な書類などについて解説。 参加者は必要書類を揃えるための封筒も見ながら疑問点も出し合いながら申請に向けた準備を進めることに。申請にあたって「積極ガード店」の登録が必要なことから、3日の学習会で積極ガード店の登録をすることとしました。
参加者から三原市のワクチン接種の予定についての疑問が出され、寺田市議が解説。また三原市が中小業者支援策として始める①飲食店臨時支援金、②三原市頑張る中小業者応援給付金についても紹介し、「これから議会も始まります。みなさんの商売とくらしを支えるための施策の拡充を求めます」と参加者に呼びかけました。

教え合いながら申請すすむ
3日の学習会には8名が参加。参加者は順番に「積極ガード店」の申請を行い、続いて飲食店臨時支援金の申請手続きに。「通帳、免許証、申告書、営業許可証はみんな持ってる?」と申請に必要な物を教え合い、「通帳を忘れた。取りに帰ってくる」など、不慣れな申請手続きに忘れ物もありましたが、飲食業の仲間は全員、飲食店臨時支援金の申請手続きを終えました。
飲食店臨時支援金の必要書類は広島県感染防止協力支援金と共通するものもあり、必要書類が膨大な広島県感染防止協力支援金の申請についても準備が進みました。
新型コロナ対策パンフ6月号を準備中
4月から始めた新型コロナ対策学習会の資料を「新型コロナ対策パンフ」としてまとめた5月号が大好評でした。
現在、6月号を製作しています。6月10日前後に完成する予定です。

仲間がいるから頑張れる 学習を力に一緒にコロナ危機打開!

新型コロナウイルス感染症の広がりが依然として続き、広島県でも緊急事態宣言が延長されました。
仲間の中に不安が広がる中、三原民商では毎週火曜日と木曜日に新型コロナ対策学習会を開催し、制度の学習と申請を進めています。

学習会が申請の力に
5月25日と27日は飲食業の仲間を中心に参加が広がりました。
制度も少しずつ行進されるため、毎週参加している仲間もいます。この間、飲食業の仲間を中心に「一時支援金」の申請が進み、現在14名の仲間が申請を終えました。(5月28日現在)
一時支援金の申請に必要な事前確認も「私の時はこんな感じだった」「商工会議所でスムーズに終わったよ」など、すでに申請した仲間がこれから申請する仲間にアドバイスする姿も。学習会ではこれから始まる「月次支援金」や「広島県感染防止協力支援金」についても学び合い、申請に積極ガード店の登録が必要な事や、緊急事態宣言の影響により、月次支援金は三原でも対象業種が広がる事など、日々更新される情報にも機敏に応える内容となり、参加者の中に笑顔を広げています。

一時金ようやく
5月27日の学習会に参加した石岡さんは「一時支援金の申請を5月12日にしたけど、まだ入金がない。
実行されるまでは不安で、日々のやりくりも大変」と苦しい胸の内を話します。
学習会終了後、一緒に石岡さんのマイページを確認してみると「振込手続中」に。「これなら、近日中に振り込まれますね。安心しました」と石岡さんも一安心。「石岡さんは三原民商の第1号です。申請は広がっていたけど、実行された方がまだだったので、みなさんにも元気が広がります」と寺田事務局長が紹介し、参加者からも「良かったね」と拍手がわきました。

広島民商の協力で学習会資料がパンフレットに
4月から進めてきた新型コロナ対策学習会の資料が広島民商の協力によりパンフレット(5月号)になりました。
三原民商では昨年5月にもコロナ対策パンフレットを発行し、新型コロナ対策に大いに役立ちました。
三原民商では6月以降も学習会を重ね、仲間のみなさんと新型コロナ対策に全力で取り組みます。

笑顔と希望広げる学習会を開催中 運動しつつ学び、学びつつ運動する

~緊急事態宣言のもと、民商運動本領発揮!~

新型コロナウイルス感染症の広がりにより、広島県にも緊急事態宣言が出され中小業者の中に不安が広がる中、三原民商では新型コロナ対策学習会を開催しています。学習を力に一時支援金の申請や広島県感染防止協力支援金の内容など、学習を力に活用を広げています。

広島県連がオンライン学習会
広島県連では、新型コロナ対策の制度を活用するにあたって事務局員を中心としたオンライン学習会を5月18日の午前中に開催。緊急事態宣言による時短・休業への支援金(感染防止協力支援金)について既に申請の経験のある広島民商の石立事務局長が注意点や参加者の疑問に応えました。

緊急事態宣言度初の学習会
午後から三原民商は新型コロナ対策学習会を民商事務所で開催し、会員8名と会外業者1名が参加。日本共産党の寺田元子市議も参加しました。西村会長は「みなさんと制度を学び合い、活用を広げています。活用できる制度は全て活用し、商売を続けよう」と参加者に呼びかけ、寺田元子市議も「この間、学習会にも参加し、みなさんの状況や制度の活用をご一緒に進めています。今日も色々と教えてください」と参加者にエールを送ります。寺田事務局長はパワーポイントと三原民商の新型コロナ対策パンフレットを使って活用できる制度を紹介。「飲食業のみなさんを中心に一時支援金の活用が進んでいます。広島県の感染防止協力支援金も注意する点に気を付けて一緒に活用を進めましょう」と制度を解説しました。参加者は「お酒の提供はダメなの?」「明日(19日)から休めば給付がもらえるの?」など、疑問も出し合い、一時支援金や月次支援金についても学び合い、寺田元子市議からは「三原市では飲食業のみなさんへの支援制度を創設し、従来の支援制度を理美容業のみなさんも活用できるよう、対象業種を広げます」と紹介しました。学習会後、会員さんからの紹介で学習会に参加したYさん(飲食業)が入会。翌日には髙砂さんが一時金の申請を終えました。

婦人部でもコロナ対策学び笑顔に☆
三原民商婦人部は20日に婦人部会を開催し3名が参加。新型コロナ対策の制度を学び合い、現在製作中の「頑張る商女応援MAP」についても意見を出し合いました。緊急事態宣言による商売への影響について厳しい状況が出される中、月次支援金や三原市による支援制度が理美容業へも拡充されるなど、制度の活用と何でも話せる仲間の集まりに参加者の笑顔も広がります。SNSに詳しい染山さんがLINEやインスタグラムについて色々と機能を紹介し、参加者も勉強になりました。

出張学習会も大歓迎☆
「民商の事務所の階段がきつくて」と話す寺戸さんの声に応え、19日には寺戸さん宅で学習会を開催し4名が参加。パソコンとテレビをつないで寺田事務局長がパワーポイントで制度を解説。既に一時支援金を申請した糸井さんと西崎さんはこれから申請する2人に「商工会議所での確認もスムーズで、15分くらいで終わるよ」と経験を紹介。翌日、2人は一時支援金を申請しました。

一時金の申請始まる

三原民商では新型コロナ危機打開の網の目学習会を4月から開催しています。
5月7日は午前・午後と開催し5名が参加しました。午前の部はスナックの会員3名参加。

「午前中のほうが参加しやすい」との声に応えての開催です。
国の一時支援金制度は、三原市も緊急事態宣言の影響を受けている地域に該当することから、「書類をそろえて申請しよう」と話し合い、5月13日に申請することにしました。

午後の部には西村会長と石岡さんが参加。日本共産党の寺田元子市議も参加しました。
PCR検査について西村会長は「私たちは陽性が出た場合、休業により14日間の収入が途絶えてしまう。
国保のコロナ傷病手当制度を三原市でも作らせましょう」と呼びかけました。
一時支援金制度については石岡さん(飲食業)が書類をそろえて12日に申請することに。
寺田市議も「頑張っている業者のみなさんへの支援制度の拡充を求めていきます」と応えました。